【保存版】この山に行くならこの本を読んでから行こう!

ガイドをしていると、ツアーに参加するなら、ぜひこの本を読んできてもらえたらいいな、と思う山域がいくつかあります。
ガイドブックではなくて、その山域が舞台だったり、歴史をもっと知ることができたり。
もちろん、ガイド中にお知らせしたりするので、山行後に余韻に浸りながら、などのお楽しみはあるのですが、せっかくなら予習したい、という声もありそうなので、ご紹介してみます!

富士山

まずは富士山から。富士山といえば新田次郎氏。富士山気象レーダー建設に深くかかわった方です。

劔岳

こちらも新田次郎氏。

こちらの本は木村大作監督によって映画化されています。

槍ケ岳

槍は北鎌にドラマがありすぎますが、まずは開山、ということでまたまた新田次郎氏。

中古しかなさそうですが、図書館かkindleかでぜひ。

本家本元の槍ヶ岳山荘の穂刈さんの書いたものもあります。

北鎌がらみは、2人、残念ながら北鎌で命を落とした方を紹介したいのですが、まずは歴史順で松濤明氏。

そして、加藤文太郎氏。孤高の人はとてもとてもとてもおススメ。

穂高岳

前穂の話だし、徳澤など奥上高地の方が縁が深いと思いますが。

雲の平、黒部湖周辺

こちらは、このあたりを切り開いた伊藤正一氏。

こちらの本にもでてくる鬼サの本もあります。

ちょっと毛色が違いますが、黒部ダムの建設の時の話もあります。

大雪・トムラウシ

トムラウシは2009年のトムラウシの遭難事故の件。

八甲田山

遭難話が続いちゃいますが。。

妙高山

各地出てくる本ですが、やっぱりこの山でしょうか。

https://yamakara.com/?p=15868

谷川岳

三スラ、ですかね。神々の山嶺を先に読むとよいかも。

剣山

他より山度は薄いですが。

屋久島

なんで山の名前並べてるのに、ここだけ島の名前でも違和感ないんでしょうね。関係ないけど。

「月に三十五日も雨が降る」の出所。

田口ランディさんのふわっとした感じも屋久島にピッタリ

キリマンジャロ

エベレスト

もう数多ある本の中から1冊だけ挙げるとしたら、ジョンクラカワー。

そして、日本発で言うと、神々の山嶺。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *