【期待に応えて梅雨入り】ヤクメルNo.24

お待たせいたしました、
皆様の「屋久島らしさ」のイメージ通り
みごとに梅雨入りいたしました。

ちょうどその日は縦走で
純平ガイドと私と9名のお客様で
宮之浦岳を目指して出発。

登山口へ向かう車の中で
雨が降りだしましたが、
土砂降りというわけでもなく
「屋久島ではこれは雨じゃなか。
ワイパーが追い付かなくなってからが雨!」
とはガイドの一生さんがよく言う話。

淀川登山口からも、10名以上の団体や
個人のグループも登っていました。
が、、途中で続々と引き返してきます。

我々も撤退を視野には入れつつ、
もう少し行ってみましょうか、
という感じで前進してはみましたが
登山道にどんどん水があふれ
最初はよけながら歩いていたのに
気にしてる暇もないくらいに。

横からもその先も登山道が見えないほど
ザアザアと水があふれる地点でストップ。

「えー、宮之浦岳には100回以上登ってますが
今日の増水は3本の指に入ります。
ここを越えてもこの先にはもっと
すっっっごいことになる沢があります」

純平ガイドの経験による撤退宣言、
説得力ある~。みんな納得。

「これ経験したら大体のとこはいける」
「あの時に比べたら、の
『あの時』としては最高レベル」
といった感想を話しながら
ザブザブと沢歩き状態で下山。
※写真の場所は、通常は水なんてない
いわゆる普通の登山道です。

淀川小屋での休憩では
夜に食べるはずだった肉を焼いたり
セロリを切ってマヨネーズで食べたり
お酒はなしですがプチ宴会。
そして翌日を縄文杉日帰りに変更したところ
さっぱり雨上がりのお天気となりました。

縦走は撤退となりましたが、
できる限りの予定変更で
楽しんでいただけたと思いたい
ガイド・スタッフ一同です。

屋久島りかこ

次はあなたも!雨でも楽しめる!

※2019年1/24追記
2019年
5/2(木)・5/16(木)・6/1(土)・9/21(土)
10/11(金)・10/24(木)・11/2(土)発
屋久島まるごと決定版!
宮之浦岳~縄文杉~白谷雲水峡縦走4日間

【ヤクメルバックナンバー】はこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *