【別れの紙テープ】ヤクメルNo.15

春休みの屋久島は大変にぎわっています。
卒業旅行の学生さんをはじめ
三世代でのファミリー旅行もあり
転職前の有給を使って来る方もあり。

そんなウキウキ新生活前ではありますが
転勤や卒業で島を離れる人もいて
ちょっぴり寂しい季節でもあります。
フェリー乗り場はお見送りでいっぱいです。

宮之浦、安房、小瀬田、永田小学校など
転勤の先生を集落をあげてお見送り。
のぼりや横断幕にマイクも持って
先生の挨拶、生徒からのお別れの言葉、
集落の皆さんからの激励エール、
校歌を歌って万歳三唱。延々と。

そして恐らく一度はやってみたい人も多い
フェリーからのびる色とりどりの紙テープ。
どうやって持たせてるのと思いますよね。
上から投げると思っていませんか。
ノンノンノン。

まず何本もの紙テープを長い棒に通して
テープの片端をひとつに束ねておきます。
次に甲板からロープを降ろし、
下でキャッチして
束ねた紙テープの端を結びつけます。
そして上からロープをするすると引き上げ
まとまった紙テープの片端を
見送られる主役が持つ、というわけです。

下では棒に通しておいた紙テープ本体を
見送る人達に分けて持たせることで
船の上の1点からカラフルな紙テープが
わーっと広がる光景になるという。
屋久島の人達は手慣れたものです。

詳しく説明してしまいましたが、
これが皆さんの役に立つ場面は、
そうそうない。。。

さて、屋久島アジトも2年目に入り、
おかげさまでお客様も増えております。

本日は、昨年満員御礼で出発日を増やした
フライデー企画のお客様が鹿児島入り。
今頃は、天文館で鹿児島グルメを
楽しんでいらっしゃるでしょうか。
いいなあ。鹿児島牛食べたいなあ。

たったの2.5日で縄文杉と白谷雲水峡、
そして鹿児島も満喫できるので、
「いつかは憧れの屋久島へ」
なんて先延ばしにしなくていいんですよ。
次は新生活が落ち着いた頃の5月ですよ~。

夏の縄文杉1泊&白谷雲水峡4日間

屋久島りかこ

【ヤクメルバックナンバー】はこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *