【しゃくなげ縦走】ヤクメルNo.12

5月後半は特に縦走のお申込みが多い時期です。
その理由は「しゃくなげ」。
宮之浦岳周辺や縦走ルートに咲き誇り
この時期だけ景色と雰囲気が変わります。
一般的には名前は知ってる、という程度で、
さらに屋久島は森や苔のイメージが強すぎて
高山植物のイメージもほぼないですよね。

しかし屋久島では連休後ひと息つくと
あの辺が咲いた、あそこはまだだ、
今年は当たり年だ、なんだかんだと
ガイドさんの話題は常にしゃくなげ。
知らないなんて言ったら「ハァ?」です。
知らなかった人は今覚えてくださいね。
「屋久島の5月後半~6月頭=しゃくなげ」

昨年は終わりかけの頃に
「明日は休みだけど来週は連休取れるし、
縦走で1泊して見に行こっかな~」と
軽い気持ちでおりましたら。
地元のガイド衆から
来週なんてもう終わってる
あー今週行かないなんてありえない
明日は天気も最高なのに意味がわからない
来週行くなら行かなくていい
くらいのダメ出しであおりにあおられ、
結局流れと勢いで、翌日に縦走しました。

すると。何ということでしょう。
「ふわあーーー」「ひゃーー」と
ひとりで歩いてても声が出るほど
白とピンクが広がる絶景。
しかも稜線では青空と爽やかな風。
縦走なのにウキウキ鼻歌スキップで
何度も立ち止まってはぐるり見まわして
ニヤニヤしてを繰り返し。
プロガイドに土下座です。

高山植物は小さくて可憐な花が多いですが
しゃくなげは華やかで豪華。
そこまでしゃくなげに興味がない方でも
高山植物や花に興味がない方でも
縦走は自信がないわ、、という方でも
ノープロブレムです。ウェルカムです。
しゃくなげに囲まれて歩いていると
なんだかお祝い事のような気分ですよ。

そろそろガイドさんが不足しがちなので、
希望通りの日程で受付できないこともあります。
お申込みの際は第一希望から第三希望まで
ご記入よろしくお願いします。

◆宮之浦岳~縄文杉~白谷雲水峡縦走(出発日限定)
羽田発、現地参加

◆宮之浦岳~縄文杉縦走(毎日催行)
羽田発
鹿児島発
現地参加

くれぐれも「今年のしゃくなげはどうですか?」
という質問はしないでくださいね。
先にお答えしますよ、「どうでしょうね!」

屋久島りかこ

【ヤクメルバックナンバー】はこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *