【口永良部島】ヤクメルNo.52

屋久島の西に浮かぶ島、
口永良部島と書いて
「くちのえらぶじま」
略して「エラブ」が
先日また噴火しました。

2015年に大きな噴火があり
その後も時々小さな噴火は続いてます。
2015年は噴火警戒レベル5でしたが
今回はレベル3ということで
大きな被害はなくひと安心。

ただ今回は、風向きにより主に
エラブに最も近い永田地区と
反対側で最も遠い安房地区で
灰が降るというまさかの現象に。

ちょうど安房にいたのですが
中途半端な雨に灰が混じり
駐車場へ行くだけでも
目に砂が入ったように
イタイイタイイタイ。。
ちょっとしゃべると
口の中がジャリジャリッ。

そしてメンバーから
「車はワイパーを回すと
フロントガラスが傷つくので
ぐっとこらえてご注意を!」
とLINEでお達しがあり
よし、わかった!と
とりあえず出発しました。
でも、いっそ大雨なら
灰も流してくれたものを
微妙な強さで灰雨が降り
フロントガラスが真っ白で
前が見えません。

そうだ、ウォッシャーで
少しだけ流せばいいんだ!と
スイッチを入れたら
液が噴き出した後もれなく
ワイパー作動であわわと大慌て。
すっかり忘れていました。

しかしなんとかそのワイパー
三往復くらいの隙間から
前のめりかぶりつきで
運転し無事帰宅。

車は雨と灰で真っ白になり
翌日は玄関先の灰を流したり
洗車の行列ができていたり。

鹿児島市内では桜島の降灰で
こんなことがよくあるのかと思うと
たくましいなあと思います。
新車なんて乗ってられませんね。
安房地区は灰で粉っぽかったのですが
本日どしゃ降りの雨により
きっと洗い流されたはず。
もう噴火しないことを祈るばかりです。

屋久島りかこ

◆【ヤクメルバックナンバー】はこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *