【イライラしない渋滞】ヤクメルNo.50

島内スポーツイベントの
年内最後を飾るのが駅伝大会です。
集落や校区で分けられた対抗戦で
小学生、中学生、高校生、
青年、30代~60代の
各年代がたすきをつなぐ、
まさに老若男女のチーム戦。

でも全コースがひとつなぎではなく、
島の各部分で三コースに区切られています。
さらにそれが小学男子区間、30代女子区間、
など年代順でもなくランダムで
なかなか複雑です。
えーっと、あの人が走るのは、
40代男子だから中継所はあのへんだ、
いやそれは前半コースだよ
あの人は後半コースの40代男子だよ、
みたいな。

一区間の距離も短くて、
シニアや女性に優しい
最短区間は0.9キロ!
高校男子が長くて3キロちょっと。

数日前から島内放送で開催が告知され
当日も朝から、予定通り開催します、
ただいま前半コースがスタートしました、
トップの宮之浦Aがどこの中継所を通過しました
などと実況が入ります。
そのへんならもうすぐだなどれどれと
沿道に出て行くわけです。

この駅伝大会、通行止めなどの
交通規制がないんです。
どうやって走るのかといいますと
激励バイクや関係車両が近くを走り
それらに出くわしてしまったら
コースを走り終わるまで
そろりそろりと徐行で後をついていくんです!
選手と選手の差が開いていると
間に入っちゃうこともあります。
誰もクラクションなんて鳴らしません。
都会のドライバーには我慢できないでしょう。

のどかすぎ。

年明けの1/13には島内1周マラソン大会、
2/17にはサイクリング大会が続きます。
またそろりそろりと、
屋久島では滅多にない渋滞が見られますよ。

屋久島りかこ

◆【ヤクメルバックナンバー】はこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *